「世界のサスティナブルファッション」◆トーゴ共和国

ともだちのwa
世界のサスティナブルファッション│トーゴ編

 

「世界のサスティナブルファッション」◆トーゴ共和国

 

鮎美さんは旅する教師です。

色々な国を巡りトーゴ人の方と結婚して、ABC朝日テレビ放送の「こんなところに日本人」で取材されたこともあります。

現在は愛媛県にお住まいで、2019年の今治市唐子浜のエコTイベントにも参加してくださいました。

 

そんな鮎美さんに、トーゴのサスティナブルファッションについてお聴きしました。
私はアフリカのファッションというと、カラフルな配色や大胆な柄を連想します。

期待通り、素晴らしいトーゴの布を見せてくださいます。

一方、気になるのはゴミ問題。

鮎美さんのキョーレツな初のゴミ改革とは…

そしてトーゴに限らずアフリカ人のおしゃれ感や色彩感覚も興味深いです。
「サプール」という言葉をぜひ調べてみてください。

クレーはチュニジア、マチスはモロッコを旅して後の作品に大きな影響を受けています。

アフリカの色彩感覚を巡る旅をしたいものです。

 

 

■Tchikiri 今岡 鮎美 (チキリ いまおか あゆみ)

旅する教師

愛媛県出身

日本での教師経験の後、ドイツ日本人国際学校勤務を経てアフリカに渡る。

さまざまな経験を経て日本で教職に戻る。

「コーチングを取り入れた授業、コミュニケーション」を通し、世界中の子どもたちを笑顔にすることが夢である。

「It’s a smile world」
https://www.its-a-smile-world.com/sample-page/

タイトルとURLをコピーしました