スタイリストが解説するシャツの着こなし

スタイリング
スタイリストが解説するシャツの着こなし

 

オールシーズン着られる、シャツコーデのテクニック、注意点のご紹介!
​​素敵に着こなすシャツコーデは3つのポイントをおさえるだけです。

 

シャツは無難に見えがちなアイテムですが、オールシーズン着られる万能なアイテム
「おとな世代がキレイメコーデに見える」必須アイテムでもあります。

 

​​シャツを着こなせるとコーデの幅が広がり一層お洒落になれます。
シャツをおとな世代の私たちがカッコ良く着こなすにはポイントとは?

体型に合ったシャツ選び
なんでもないシャツは着こなしで差が出ます。

おとな世代に必要な条件「抜け感」
無難なシャツを「抜け感」で着こなすには、衿、袖、丈感の3要素が重要です。

衿のカタチは、お顔のカタチや、首の長さ・太さに、よって選び方を変えます。

例えば、首の短い方が、衿高のシャツを選んで、ボタンを全部しめてしまうと窮屈で首が余計に短く見えてしまいますから、ボタンは全部閉めないで3個くらいあけて着た方がスッキリと見えます。

 

反対に首が長い方がボタンを開けすぎると強調して、余計に長く見えてしまうわけです。

袖は腕の太いところでカットされると目線がそこに誘導されるので、袖まくりするときは、ご自分の腕の1番、細いところに合わせてまくるようにします。

 

シャツの丈感は身長により、長さが変わってきます。

身長が低い方は短め、またはインして着ること、身長が高い方はオーバーサイズでアウトして着るとカッコいい感じにまとまり、それぞれにお似合いになります。

 

1、​​シャツの衿は首の長さや太さで選び、ボタンの開け方や、抜き衿で抜け感を出す
​​2、シャツの袖丈は腕の太さで選び、袖まくりで位置を変える
​​3、シャツの丈感は身長の高さで変わり、インかアウトで印象が変わる

以上の3つのポイントを考慮するだけで、シャツを素敵に着こなせるので、ぜひ参考にして下さい。

 

 

タイトルとURLをコピーしました