2020パリのサスティナブルファッションをスタイリストがリサーチ!

サスティナブルファッション
2020/スタイリスト旅レポパリショッピング

 

Parisショッピングリサーチ2020/winter
1月は当然シーズンなので、どこに行ってもSALE、SALEでした。
ただし、ラグジュアリーブランドの人気商品や人気ショップは、まだやってませんでした。
どんなにSALEをやっていても、当たり前ですが、要らないものは買わない。
結局、欲しい物はSALEになってなかったんですが、TAXもかえってくるし、やはり日本で買うよりはお得です。
CHANELでは私サイズのポーチバックを見つけました。
基本、カードと携帯しか持って歩かないのでお財布が不要なのです…
そして今のトレンド的には、小さなバックが流行っています
縦長財布からミニウォレットや小銭入れに主流も変わってます。
お財布持たない時代になったからですねー
HERMESではスカーフを2枚合わせてブラウスにしてるのを発見!
やっぱり今年は【着るスカーフ】提案正解
ISCAオリジナル、着るストール・イメージアップカラーストール・レフ板ストールも大好評です。
LVのカジュアルな新作も可愛く、お値段もお手頃で良かったです
ツイリーも相変わらず人気!ヘッドアクセサリーにしたり、バックに巻いたりもできますね
通常サイズならこんな感じに巻くことができます(参考になります)
ルイ・ヴィトン美術館に行ったばかりなのでインテリアのセンスも気になりますが、やっぱりステキですねー
自分で描いたモノグラムバックなんて、ドキドキするけど…やってみたいです
でも、やっぱりドキドキします。
今期トレンドもしっかりと把握できました
シャンゼリゼ通りにできた新ギャラリーラファイエットも行きました!
イザベルマランも半額で、つい手が伸びそうになりましたが我慢。
お得意なSALE品はお客様に動画を送って、バッチリと手配もできました。
2019年3月28日、シャンゼリゼ大通りの真ん中の新しい『GALERIES LAFAYETTE(ギャラリーラファイエット)』

『ギャラリーラファイエット』オペラ座の裏のオスマン通りにある巨大な店舗と全く違うコンセプトで、6500㎡というコンパクトなスペースで誕生した新店舗もご案内してますので、動画もぜひ、ご覧下さいね。

おしゃれな椅子に座って、デパートならWi-Fiもさくさくつながり日本とコンタクトもとれました。
Parisのサステイナブルファッション

 

Parisのサステイナブルファッションショップを実際にリサーチ巡りも終わりましたが、また情報を耳にしたら、いろんな方法で探求したいと思います。 18泊20日のサスティナブルファッションリサーチinヨーロッパは充実していました。

 

2008年からヴィンテージのスタイリングをブログで発信して話題を呼び、2013年にオンラインでスタートした、Morgane Sezalory(モルガン・セザロリー)のショップ、セザンヌはサスティナブルファッション提案をしているということでレポしてきました。

トップスや小物なら100€以下で見つかるアイテムも多くてお手頃価格でした。

デニムはもともと染色に大量の水を使うのですが、従来の半分しか使わないそうです。

中には洋服が入っていたので、古着の回収BOXだと思います。

郵送用の段ボールも再生紙を使用しているそうです…
また、材料の8割がオーガニックコットン、ポリエステル再利用ということで、今後もさらに力を入れて自社製品も作るそうです。セザンヌオンラインより

デザインを本格的に学んだ経験はないものの、センスの良さを存分に生かしながらトレンドをほどよく取り入れたデザインや、手の届きやすい価格帯で人気ブランドとなったそうですが、今はサステイナブルファッションを本格的に追求しているそうです。

横に隣接しているチャリティーブテックDEMAINでは、売上げの10%を慈善団体に寄付しているということでした。
毎月、21日から月末までという期間でチャリティSALEをしているということで、21日の11時オープンと共に行ってみましたが多くのパリジェンヌが並んでました。
私も、ブラウスを二枚購入したので、少しは寄付につながったかしら☺︎
次に向かったのは、リュニフォーム(L/UNIFORM)は、フランス発のバッグブランド。ゴヤール家の一員である、アートディレクターのジャンヌ・シニョール(Jeanne Signoles)による、天然素材のファブリックとレザーを使ったバッグブランドとして知られています。

リュニフォームはた、自分だけのお気に入りのバッグが自由にカスタマイズで作れます。レザーに刻印、あるいはファブリックにプリントで、好きな数字やモノグラムを入れてくれます。

私はベビーピンクのカードと名刺を両方入れられる、少し厚みのあるカードケースを購入しました。

Paris最後は初日にも行ったmerciへ…

 

merciオーナー、マリー=フランス・コーエンは40年以上にわたり、夫のベルナールと数々の冒険を繰り広げ、創造力みなぎる、おふたりは、これ以上ないほどぴったりのカップル!マリー=フランスは卓越した美的センスのエキスパートで、ベルナールはもの静かな、天性のビジネスマインドを備えた人物だったそうです。merci公式HP

おふたりが手がけたビジネスは、パリのデザインシーンと慈善事業の分野に多大な影響をもたらした。1975年に立ち上げた「ボンポワン」は、フランス的なエスプリに満ちたハイグレードな子ども服ブランドの草分け的存在となりました。

そして、2007年にこのブランドを売却すると、2年後の2009年にはパリの北マレに「メルシー」をオープン。

コンセプトストアである「メルシー」の利益は、マダガスカルの恵まれない子どもたちに寄付される仕組みにしたそうです。素晴らしいですよね!

 

今回観光やショッピングで、ファッショ二スタがいた場所トップ3はこちらです

1位メンズコレクション
2位セザンヌ直営ブテック
3位ルイヴィトン美術館

街中がファッションで溢れているか?
そんなことはありませんよ

やはりおしゃれな場所おしゃれな人がにいるんです

ラグジュアリーブランドは殆どがチャイニーズでした。

4位はメルシー
5位はルージュ

メルシーはセレクトショップ

ルージュはブランド直営です

その次に大型デパート
ギャラリーラファイエット

スペインバルセロナはZARAグループ
Inditexの本拠地なので期待していましたが

OYSHOという妹ブランドがなかなか面白かったです

現在の売り上げはBershkaの半分だそうですが

Bershkaよりウケると思うので、そのうち日本にも上陸するかも

COSは、予想通り日本上陸しました。

イタリアファッションはイマイチ頑張ってるのはGucciかな

でも、奇抜で日本人ウケはしない

チャイニーズウケは良いと思います

世界のファッション経済はチャイニーズで賄われてるので
Gucciも不滅かなという感じですね。

パリでセザンヌが人気なのは
サスティナブルファッション提案しているからだと思います。

一時期のブレイクな感じはなく

人気をサスティナブルファッションで保っているという感じでした

パーソナルスタイリストサービスもあり、買うことが前提で無料だそうです。

ルージュはインスタでブレイクしてるので、セールしなくても人が溢れてました

しかし、おしゃれな人というより、おしゃれになりたい人という感じの方が多いような気がしました。

ファッションウオッチャーとしてはヨーロッパはとても楽しい街です

アウターは大きめのモノもありましたが
基本パリジェンヌはフィット感を大切にスタイリングしています。

特にボトムはフィットが主流、そして色をごちゃごちゃさせない

基本の3色にトーンを合わせて、キレイメでまとめます

あとはやはり小物使い
必ず、帽子かストールを使うのが、パリジェンヌ風着こなし術です。

Parisのサステイナブルファッションショップを実際にリサーチ巡りも終わりましたが、また情報を耳にしたら、いろんな方法で探求したいと思います。
今回のサスティナブルファッション・ワンポイント情報はこちらからご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました