取材

取材

福利厚生俱楽部にてISCA懇親・勉強会

仲間とのつながりは個人や仕事の成長にとって不可欠な要素です。よい人間関係を築くことは、幸福感や成功に対するポジティブな影響をもたらすことがあります。
スカーフストールスタイリスト®

400万部発行の読売新聞に掲載されました!

スカーフストールスタイリストは、スカーフやストールなどのアクセサリーを使って、ファッションをよりオシャレに見せるための専門家です。スカーフストールスタイリストは、ファッション業界や個人のスタイリングの他、様々な場面で活躍しています。
取材

マリーローランサンとモード展で感じたこと

※長い文章を読むのが大変な方は音声での語りでお聞きください。2023年2月14日(火)〜2023年4月9日(日)文化村ミュージアム開催のマリーローランサンとモード展に行ってきました。ふたつの世界大戦に挟まれた1920年代のパリ。それは様々な...
サスティナブルファッション

サステナブルファッション・チャンネルゲストトーク!

同じ想いの同業者、スタイリスト長田広美さん、スタイリストYoshiさん、モデルRUKAの3人の方々で進行していらっしゃる サスティナブルファッション チャンネルにゲストでお招きいただき、サステナブルファッションについてインタビューしていただきました。
サスティナブルファッション

クリスマスにこそ、見直す地球環境へのアプローチ!

知らないことと出会うから、今は 知りたいことと出会う仕組みになっている。結果的には視野を狭めている。 地球を大事にすることは、人を大事にすることから始まる。人との出会いは、ネイチャーベストソリューション 自然が元に戻ること。
取材

日本気象協会による気候変動オンラインに参加

2000年に基盤ができた、2015年にはパリ協定が設定された。今年の6月には気候変動に対するリスクが情報開示ができた。TCFDは経営戦略の活動として、日本の取り組みが世界1位である。個人リスクとしては、豪雨リスク・少雨リスク・高潮リスクなどの情報を知ること。
取材

コシノジュンコ先生ランウェイ

78年パリコレデビューして、82歳の現在も現役デザイナーとして、オペラやブロードウェイミュージカルの舞台衣装、スポーツユニフォーム、インテリアデザイン等幅広く活動されています。
サスティナブルファッション

ユースカルチャースピンズの社会活動を取材!

パンデミックにより消費行動が変わってきている現在でも、自分にできること、ブランドができることを常に考えながらビジネスをしている。自分の好きなことが害になっていることで心を痛めている社会課題を解決したいということでSDGs活動をされています。
取材

繊維問屋街の岐阜市レポート

岐阜駅を降りると、再開発の高層マンションやオフィスビル、昔ながらの商業施設のビルが建ち並んでいる、新しいモノと古きモノが入り混じる街並みが見られます。昔からの繁華街である「柳ヶ瀬」や「繊維問屋街」はイメージ通りのレトロさがありました。
取材

2030年までの間に今の私たちにできる行動

世界各地で起きている深刻な環境破壊について、大きな壁面では、番組で紹介した地球温暖化、人口爆発と食料問題、プラスチック汚染の実態を表したさまざまな最新データを組み合わせたインフォグラフィック(情報、データ、知識を視覚的に表現したもの)を展示